守山市における土地価格の概要を知ろう

守山市で土地の購入や売却を検討している人にとって重要なのが土地価格がどのようになっているかです。平均的な価格が現状としてどんな状況にあるかを知っておきましょう。土地価格に関する基本的なことから理解を深めていくと役に立つので、必要なときに速やかに相場を把握できるようになるための基礎も紹介しておきます。

土地価格に対する基本的な考え方

守山市での土地価格を詳細に議論する前にまず把握しておきたいのが基本的な考え方です。土地価格は買い手と売り手の間で交渉して決めるものなので、最終的に取引をするときには相場から逸脱してしまうこともあります。

しかし、買い手は基準となる価格がなければ販売価格を設定することが難しく、売り手も相場がわかっていないと販売価格が妥当なものかどうかを判断できません。その基準としてよく用いられているのが公示地価と基準地価です。

公示地価は国によって毎年1月1日を基準として定められている土地価格で、土地の売買をするときには参考にすることが原則とされています。都市計画区域となっている場所について毎年坪単価がいくらかを明示しています。

基準地価は都道府県によって定められている土地価格で、基準となっているのは7月1日時点の状況です。都市計画区域外であっても地価を定めていることが多く、より詳細に地価を確認したいときに向いている指標です。この両者を考慮して販売価格を決めることは多く、不動産会社に土地を売りたいという話をすると公示地価と基準地価をまず示してくれることが通例となっています。

公示地価や基準地価に基づいて路線価が定められているため、実際に販売価格を決めるときには路線価図から基準となる価格を求めることもよくあります。路線価はもともとは相続税や譲渡税を算出するために使う指標で、通常は公示価格の8割を目安にして定められています。

路線価図を使えば売買する土地の価格をすぐに判断できるので頻繁に用いられているのです。路線価図は誰でも簡単に取得でき、土地の場所と面積がわかっていれば面している道に付けられた路線価から土地価格を簡単に概算できます。

公示価格に相当する金額は路線価に土地面積をかけて1.25倍すれば求められるので参考にしてみましょう。

購入か売却かで考えるべきポイントが違う

このようにして調べられる土地価格は購入する立場か、売却する立場かによって活用方法が異なります。購入する立場の場合にはどの地域の土地を買うかを決める指標になるとともに、土地を購入したい地域が決まっているときには販売されている土地の価格が妥当かどうかを判断する基準として活用可能です。

守山市の土地の物件リストを見ていたときに、守山市での公示地価や基準地価を知っていればこれはお得な土地で、この土地はかなり法外な値段を付けているというのが見て取れるようになるでしょう。興味を持った土地については路線価図からより詳細に価格を計算してみると相場に合っているかがわかります。

それに基づいて購入意思を表示するか、あるいは価格交渉をするかを判断することができます。一方、売却を検討している場合には販売価格を決める基準として使えるだけでなく、売るタイミングが良いかどうかを判断する材料としても有効活用できます。

一般的には相場よりも高い土地はなかなか売れないので公示地価や基準地価よりも少しだけ高めに販売価格を設定します。実際には立地や周辺環境を考慮して価格を決めることになりますが、その初期価格として公示地価などを使うのが通例です。

また、公示地価や基準地価は過去に遡って調べることもできるため、地価がどのように推移してきたかを確認できます。地価が急騰している最中なら売るタイミングはもう少し先の方が良いと考えるのも適切と言えるでしょう。

このようにして上手に情報を活用すると高く売れる可能性が上がります。

守山市における公示地価と基準地価の現状

守山市での土地価格は現状としてどのようになっているのでしょうか。平成30年における守山市の公示地価と基準地価は平均すると一平方メートルあたり8万6千円ほどになっています。坪単価にすると28万5千円ほどです。

これは滋賀県内では草津市と大津市に次ぐ地価の高さになっていて、大津市ともほとんど差がありません。また、守山市では地価が上昇する傾向があり、平成29年に比べると平均して1.6%ほど地価が上昇しています。地域によっては3%以上も地価が上がっています。

地価の状況をより詳しく知っておこう

守山市における地価の現状をもう少し詳しく確認してみましょう。守山市内でも地価の格差は大きく、最も地価が高い勝部では一平方メートルあたりの価格が17万を超えています。主要駅である守山駅を利用しやすく、都市化も進んでいるので人気が高いのが理由と考えられるでしょう。

浮気町、今宿、梅田町、守山も一平方メートルあたりの価格が10万円を超えています。逆に伊勢町や矢島町、今浜町では単価が3万円を下回っているところもあり、場所を選べば安く土地を手に入れることも可能です。全体的な傾向としては守山駅に近いところほど土地単価が高くなっているのが守山市の特徴です。

また、栗東駅の周辺も地価が上昇する傾向があります。地価が高い草津市に隣接している守山市では公共交通機関が利用しやすいエリアで土地を手に入れて住もうと考えている人が増えているからです。滋賀県全体の傾向としても主要都市の周辺で地価が上がる傾向が強まっているため、土地を売りたいと思っている人はタイミングを見計らうのが重要と言えます。

逆に土地を買いたい人は早めに適当な土地を見つけて購入した方が安く手に入れられる可能性が高いでしょう。

取引価格を基準にするときの注意点

土地価格を考えるときには公示地価や基準地価だけでなく、過去の取引価格を参考にすることも可能です。実際の取引価格は公示地価や基準地価とはかなり異なることも多いので役に立つ情報源ですが、使い方には注意しなければなりません。

できる限りピンポイントでの取引価格を参照するのが重要です。守山市全域の平均を参考にしてしまうとかなり実情とは違う金額になってしまうことが多いので気を付けましょう。平均の取引価格の場合にはよく取引が行われた地域の地価が反映されてしまいがちだからです。

統計処理をする前の個々の事例を参照して価格を参考にすると失敗がありません。